CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< アンブレイカブル | TOP | バッド・エデュケーション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
アンダーワールド:エボリューション
アンダーワールド:エボリューション
〔アンダーワールド:エボリューション/UNDERWORLD: EVOLUTION〕
2006年*アメリカ*アクション、ファンタジー、ホラー、R15

 家族を殺したライカンへの復讐を誓い、闇の処刑人となった女ヴァンパイア、セリーン。しかし一族の統治者ビクターが家族を虐殺していた真実を知り、セリーンはビクターへの復讐を果たす。ついに同族からも追われる身となったセリーン。そんな彼女の唯一の味方はヴァンパイアとライカンの混血種マイケルだけ。2人は追っ手から逃れながらも、やがて両種族の創世にまつわる秘密と、セリーンの中に眠る封印された記憶の謎に迫っていくのだった。
あまりケイト・ベッキンセールは好きではないのだけど、前作を見たので見ることにしました。前作はマイケル・シーン(ルシアン)が出ているという理由で見ましたが、ルシアンは前作で殺されてしまったので今回は回想シーンでしか出てきませんでした。でも相変わらずかっこよかった。
前作を見たのがけっこう前だったので、人物相関を思い出すのに時間がかかりました。アメリカ卿は弱いけど美人ですね。
ストーリーは前作を見ているのでバックグラウンドなどは分かるのですが、セリーンとマイケルの明確な目的がよく分からなかった。ただ降りかかる火の粉を払う、みたいな。ウィリアムとかマーカスとか、始祖のくせに弱かった。そりゃ倒されなきゃ完結しないんだけど、もうちょっと(ウィリアムは特に)戦いの場で見せ場が欲しかったような気がする。ラブシーンはなくてもよかったかな。

この作品、三部作ということでUnderworld: Rise of the Lycansが現在撮影中。公開は今のところ来年予定(アメリカで)。ライカンということはルシアンも出ますよねッ!あとはビクター、ソーニャあたりが出るらしい。
06:09 | 映画/あ行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
06:09 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/90
トラックバック