CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
Search this site


映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< ブレックファスト・クラブ | TOP | アンダーワールド:エボリューション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
アンブレイカブル
アンブレイカブル
〔アンブレイカブル/UNBREAKABLE〕
2001年*アメリカ*SF、サスペンス


 フィラデルフィア。ある日、乗客、乗員131名が死亡するという悲惨な列車追突事故が発生する。かつて有望なフットボールの選手だったデヴィッド・ダンは、その列車事故の唯一の生存者だった。しかも傷一つ負わなかったのである。“なぜ自分だけが奇跡的に助かったのか”と悩むデヴィッドのもとに、ある奇妙なメッセージが届く……。
シャラマン監督の映画といえば仕掛けられたトリックと監督自身の出演(笑)が有名ですが、ヴィレッジの時のようには騙されませんでした。今回は意外と、思ったとおりにストーリーが進んだ気がします。
スパイダーマンやX-MENのミュータントのような特別な力を持ったヒーロー。この映画でもまったく怪我をせず力持ちのおっさんが主人公として出てきますが、他のヒーローと比べるとえらく地味です。最後の方で人を殺しその人の家族を監禁する悪党を捕まえるのですが、そのシーンの地味なこと(他のヒーロームービーと比べると)。まるでただの警察です。
デヴィッドとイライジャが線の両端に立つ者として描かれていますが、映画の演出の中にも「逆」とか「反射」などといったテーマにあった技法が使われています。最初のイライジャのシーンも鏡越しでしたし、デヴィッドの子どもがテレビで事故を知るシーンもひっくり返って見ていたり……他にもけっこうありました。
アメコミにありがちなヒーローと悪役の特色も、ちゃんと細かいところまで捉えられてあって良かったです。デヴィッドのカッパとかさ……(笑)
18:04 | 映画/あ行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
18:04 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/89
トラックバック