CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
Search this site


映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< クィーン | TOP | すべてをあなたに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
コールド・マウンテン
コールド・マウンテン
〔コールド・マウンテン/Cold Mountain〕
2003年*アメリカ*恋愛、戦争、ドラマ、R15

 南北戦争末期の1864年。ヴァージニア州の戦場で戦っていた南軍の兵士インマンは、瀕死の重傷を負い、病院へ収容された。従軍して3年になるインマンにとって、故郷コールドマウンテンと、彼の帰りを待ち続ける恋人エイダだけが心の支えだった。そして、病院でエイダからの手紙を受け取ったインマンは、ついに死罪を覚悟で脱走を図り故郷へ向かって歩み出す。一方その頃、インマンの帰りをひたすら待ち続けていたエイダは愛する父の急死という悲劇に見舞われていた。一人では何も出来ない彼女は途方に暮れるばかりだった。しかし、やがて彼女は流れ者の女ルビーに助けられ、2人は次第に友情を育んでいった…。
インマン&エイダ  うーん、期待して観たけどまぁまぁでした。戦争を描いた作品(これは戦争を背景にしたラブストーリーだけど)は、やっぱりなにを観てもその悲惨さに涙が溢れます。涙もろいからすぐ泣いちゃうんだよな…。
 ビックリしたことは、脇役の俳優陣がけっこう有名な人たちを多く使っていたところ。赤ん坊を気にかける北軍兵士とか、その赤ん坊の母親然り。主役のジュード・ロウとニコール・キッドマンは相変わらず二人とも美しかった。

ルビー 原作をまだ読み終えていないのでわからないのですが、インマンとエイダは戦争が始まる前に会ったのは三、四回だよね?なのにどうして二人ともあんなに愛し合って、結果的にインマンは脱走兵になってまで再会したんだろう。あれか、愛に会った回数は関係ないってことですか? でもまあそこはそこでいいんだけど、ちょっと不思議に思った点です。ラストにはちょっとむなしくなりました。インマンが生きていて、今まであまり会えなかった分これから幸せな人生を築いていくと思ってたのに死んじゃうんだもん。ジョージアとルビーはくっつくと思った。最初のほうでジョージアがルビーのこと気にしてたもんね。ああいうのいいなぁ。そしてしっかりカカア天下(笑)
 再会した夜のラブシーンは、思わず見入ってしまうほどの美しさ。それも現在進行形ではなく、朝になってからというもの。

〔Jack White〕
クリックで拡大 ジャック・ホワイト
かっこいいなぁ。ホワイト・ストライプスっていうバンドやってるんだね。顔立ちからして北欧系かと思ったらデトロイト出身。まぁ人種の坩堝のアメリカだから北欧の血は入ってそうだけど……どうなんだろ。
20:50 | 映画/か行 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
20:50 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/25
トラックバック
2007/05/19 19:55
最初は日を数えた、次に月になり、・・・そして年で数えた・・・。 3年の戦闘に明け暮れ、3通の手紙を受け取った南軍兵士のインマン(ジュード・ロウ)は、脱走を決意、103通の手紙をだした、お嬢様育ちのエイダ(ニコール・キッドマン)は、逞しく生活力
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2009/10/01 20:15
もう、あなたの他に命を捧げはしない。
Addict allcinema おすすめ映画レビュー