CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< ハンニバル・ライジング | TOP | コールド・マウンテン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クィーン
クィーン
〔クィーン/The Queen〕
2007年*アメリカ*ドラマ

 1997年8月30日深夜、ダイアナ元皇太子妃と恋人のアルファイド氏の乗った車はパパラッチとの激しいカーチェイスの末に大破し、2人は帰らぬ人となる。事故直後、たびたび取り沙汰されていたエリザベス女王とダイアナ元妃の不仲説は好奇心の対象となった。チャールズ皇太子との離婚後、民間人となった彼女の死に対して英国王室ができることは何もない。だが民衆の不信感は急激に増大し、エリザベス女王は窮地に追い込まれる。この空気をいち早く察知し、王室と民衆の橋渡しとなったのが、首相になったばかりの若きトニー・ブレアだった。
エリザベス女王二世&トニー・ブレア 正直言うと、マイケル・シーン目当てで観に行った。ダイアナが亡くなったとき、私は八歳で小学二年生。少しだけだが、ダイアナ元皇太子妃が亡くなったというニュースは覚えている。でも今までイギリスという国と歴史、ロイヤル・ファミリーのことなんて何にも知らなかったのに、この映画を観てイギリスという国が伝統的に受け継いできた、現代の今尚残る立憲君主制について知りたくなった。
 十年前の知られざるロイヤルファミリー内の混乱を描いていると目にしたが、本当にそうなのか、本当のところはロイヤルファミリーにしか分からない。映画というよりもドラマ仕立てのドキュメンタリーとして観た作品でもある。ヘレン・ミレンはアカデミー主演女優賞を受賞しただけあり、ロイヤルファミリーとしてのしきたりと、離れていく国民の心の間で葛藤する人間として、女王としてのエリザベス二世を巧く演じている。ちょっと不思議に感じたのは、チャールズ皇太子。私のイメージではダイアナの肩を持たず、カミラの、ロイヤルファミリーの人間として振舞う人間だ。なのにこの映画の中ではダイアナの肩を持つ――この映画内でいえばいい人――として描かれている。カミラが言葉でしか出て来ていないので、そういった演出、人物設定にしたのだろうか。
 若くして就任したトニー・ブレア演じるマイケル・シーンも、なかなかの好演だったと思う。彼は以前にもドラマでブレアを演じているし、彼もそのことで演じやすかったと語っている。久しぶりに悪役ではない普通の役の彼を見れて、満足でもあるw
エリザベス女王二世
23:29 | 映画/か行 | comments(0) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
23:29 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/24
トラックバック
2007/05/03 15:18
4月19日(木)◆416日目◆ 終業後、三田線で日比谷へ。 シャンテ・シネで『クィーン』を見る。 6割ほどの入り。 女性客、会社帰りのリーマンが客層の中心。 ボクの右隣は外国人の野郎二人組。 1997年8月に起きたダイアナ元皇太子姫の自動車事故→急逝。
          
2007/05/04 21:38
この作品も最初に予告編を観た時からかなり気になっていました。なんか面白そう!ノンフィクション系の中でも群を抜いて楽しめます。今年に入ってからのシャンテ・シネ上映作品で、一番良かったと思えます。
八ちゃんの日常空間
2007/05/05 16:14
【THE QUEEN:2007/04/14】04/21製作国:イギリス/フランス/イタリア監督:スティーヴン・フリアーズ出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、ロジャー・アラム、テ
映画鑑賞★日記・・・
2007/05/07 02:18
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  威厳の壁、世論の波にゆれるクイーン  
カリスマ映画論
2008/04/19 14:11
『クィーン』1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来、関係のないことであった。エリザベス女王(ヘレン・ミレン)はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民
*モナミ*