CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< プラクティカル・マジック | TOP | エラゴン 遺志を継ぐ者 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
キングダム・オブ・ヘブン
キングダム・オブ・ヘブン
〔キングダム・オブ・ヘブン/KINGDOM OF HEAVEN〕
2005年*アメリカ*歴史劇、アクション、ドラマ

 12世紀のフランス。妻子を失い悲しみに暮れる若き鍛冶屋の青年バリアン。そんな彼の前に、ある日騎士ゴッドフリーが現われ、バリアンが自分の実の息子であると衝撃の事実を告白する。勇敢で高潔なゴッドフリーは十字軍の騎士としてエルサレムへと赴く途上にあった。彼は、キリスト教徒とイスラム教徒が奇跡的に共存している“天国の王国”エルサレムを守るため命を捧げる覚悟だった。ゴッドフリーの誘いを一度は拒絶するバリアンだったが、やがて自らも十字軍に参加する。長い旅の道中でたくましい戦士へと成長していくバリアン。そして幾多の困難を乗り越え、彼はついにエルサレム王国へと辿り着く。重い病のため常にマスクをしているエルサレム王と面会したバリアンは、その高い志と平和主義に感銘を受け、彼に忠誠を誓う。しかし美しく気高い王女シビラの夫で好戦的な男ギーは、イスラムの指導者サラディンへの挑発を繰り返し、微妙に保たれていた均衡を崩し緊張状態を高めようと画策していた。そんな中、バリアンはシビラと禁じられた恋に落ちるのだったが…。
まあまあかな。ちょっと長すぎたし、それに十字軍のこととか予習もしないで見たから、途中でわけが分からなくなるところが多々ありました。歴史映画にはよくありがちなストーリーですが、なーんか普通に見ていても意味の分からない演出がけっこうあって…。こりゃ話題にならなかったわけだわ、と思いました。オーリィ扮するバリアンも、最初はただの鍛冶屋だったのにいつの間にかすげー強くなってるし、ん?どこでそんな戦術覚えたんだい?と聞きたくなるほどでした。あと、私はどうもヒロインのシビラを好きになれなかった…!バリアンが自分と結婚することを拒んだから、その腹いせにギーを夫、つまり国王として迎え入れる。ギーを国王なんかにしたらイスラム軍と戦って全滅するのが目に見えてるのに!それでいざイスラム軍が城に攻め込んでくると、「what should i do?」とバリアンにメソメソ。オーリィファンではないけど、ちょっと見ていてイライラしました。
2005年に公開され、イスラム軍と十字(キリスト教徒)軍との戦いを描いた映画。今日に問題になっているイスラム問題と照らし合わせることが出来る。神の思し召しということを盾にして、虐殺、略奪の非道を尽くす。そしてそれを後悔したときにはもう遅い。ちょっと今の問題を再考させられる作品かな。俳優陣は普段あまり見る映画に出ない人たちだったので、新鮮な感じがしました。

【MICHEL SHEEN】
この映画を見ようと思ったきっかけは、ずばりマイケル・シーン!マイケルが見たくて借りてきたんだけど(出ていなければ見なかった)、始まって10分で怒ったバリアンに殺されて( ゚д゚)ポカーン
ちょwwwなにこの扱い!!!!wでもかっこよかった。
ゴッドフリー
このしとこわいけどかわいそう。
11:22 | 映画/か行 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
11:22 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/19
トラックバック
2007/05/06 21:44
2月22日(木) 午前11時19分に歌枕さんから電話があり、 急遽この日の「実践文章講座」に出ることに。 新聞のコラムや「R25」を教材にした2時間の講義。 プロにしろアマにしろ「書く」には気力が必要。 今回の講義ではそう痛感した。 特にボクの場合はこの