CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< ベッカムに恋して | TOP | ヴィレッジ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
GO!GO! L.A
GO!GO! L.A
〔GO!GO! L.A/L.A Without A Map〕
1998年*イギリス、フランス、フィンランド*恋愛、コメディ

 イギリスの片田舎で葬儀屋を営むリチャードは、女優を目指すアメリカン・ガールのバーバラを追ってロサンゼルスにやって来た。脚本家としてハリウッドで成功したいという密かな夢を持ち、彼女のハートを射抜くべく誠意一筋でアタックするリチャード。だが、空回りの連続でなかなか上手くはいかない。そんな彼も現地で知り合った友人たちの助けを得て、ついにバーバラとの結婚までこぎ着けるが……。
リチャード&バーバラ まあまあ。デヴィッド・テナント目当てでDVDを中古で購入したのだが、まーなんともありがちなストーリー。でもヴィンセント・ギャロとかジョニー・デップとか出てるんだよな(笑)ひ弱でさえないスコティッシュ訛りのリチャード役に、デヴィッドはピッタシだと思う。だけどあのキャラクターはグダグダしすぎだし、自分のことばっかりしか考えていないし、喧嘩弱いし、酒にも弱いし、なーんか最後まで好きになれないキャラでした……(笑)でもイギリスからいきなり飛び出して、LAに飛び込み、そこでの生活に四苦八苦する様子は楽しかったかな。電気がつかなくて、ウインナーで電流を通そうとしたら感電したシーンが笑ったw
 デヴィッド・テナント、この映画が公開されたときは全然知名度のない俳優だったけど、今じゃドラマのカサノヴァやDr.Who、ハリポタ4への出演など、イギリスじゃ知らない人はいないんじゃない!?キュートだよね。
13:10 | 映画/か行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
13:10 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/13
トラックバック