CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< ピクチャー・ブライド | TOP | バットマン・ビギンズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
セブン

〔セブン/SEVEN〕
1995年*アメリカ*サスペンス、ミステリー

 定年退職間近の刑事サマセットと新人のミルズは、ある殺人現場に向かう。そこには肥満の大男の凄惨な死体があった。またほどなくして、今度はビジネスマンの死体が発見される。サマセットはそれぞれの現場に残されていた文字から、犯人がキリスト教における七つの大罪(傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲)に因んだ殺人に及んでいると分析、残るは5件となった。事件を未然に防ごうと犯人の特定を急ぐ2人。やがて一人の男が容疑者に浮上、しかし接近するも取り逃がし、さらなる犠牲者を出してしまう。そんな中、大罪に沿った犯行が残り2件となったところで、犯人を名乗る男が自首して来るのだが…。
こういう宗教をモチーフにしたミステリーものって、観ていてわくわくします。しかもサイコキラー! 好きですよーこういうの!
デビッド・フィンチャー監督の、物静かだけどハラハラドキドキする画作りがすごく合ってると思います。モーガン・フリーマンが渋くてかっこいいし、ブラピは1995年の映画とだけあって若いですね。
肝心のストーリーはというと、キリスト教の七つの大罪を元に起きる連続殺人事件の解決に挑む警察二人の話。ラストは途中で予想付いちゃったのでアレですけど、なかなか面白かったと思います。殺し方とか遺体のシーンは、グロいのが駄目な人だとちょっときついかなぁと思います。私はグロいのは好きなので、そういった場面も楽しめました。瀕死の状態で生きていた麻薬の売人の男の風貌が、好き。
最後に出てきたあの箱の中身ですが、一体何が入っていたんでしょう? 明らかにされていないのでみなさん色々とあれこれ推理をしているわけですが、おぞましいものが入っているのは明らか。私は奥さんの首か、お腹の中にいた赤ちゃん――胎児かなと思います。
02:49 | 映画/さ行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
02:49 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/123
トラックバック