CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
Search this site


映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< SAW VI | TOP | セブン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ピクチャー・ブライド
ピクチャー・ブライド
〔ピクチャー・ブライド/Picture Bride〕
1994年*アメリカ*ドラマ

 1918年、両親を亡くしたリヨは、ハワイに移住しサトウキビ畑で働くマツジとの結婚を勧められる。若くハンサムな写真とロマンティックな手紙に結婚を決めたリヨは、ハワイに渡るが、マツジは中年の男だった。彼は結婚するために20年前の写真を送っていたのだ。騙されたと怒るリヨは彼を拒み、金を稼いで日本に帰ろうと決心したが……。
実際に監督が日系三世の女性の方です。
ハワイのことを勉強していくうちに、ハワイと日本の関係というものはずいぶんと深いものがあるのだということが分かるようになります。日本語がハワイでそのまま使われていたり、日系の方がずいぶんいらっしゃったり……。そこで過去に実際あった、写真だけで結婚を決め、海を渡って遠い異国へ嫁いだ女性たちのことを描いたこの映画と出会いました。
内容はよかったです。歴史的なところや生活文化も時代に合っていて違和感がなかったし、映画というよりはドキュメンタリーのような気持ちで観ていました。今の私だったら写真しか見たことがない人のためにはるばる異国まで行き、慣れない肉体労働に精を出すなんて考えられません。都会っ子だったリヨも、それは同じこと。それでも懸命に頑張る彼女の姿は、とても健気で微笑ましい。リヨを演じる工藤夕貴さんが可愛らしい小柄な方なので、なおさらそう思いました。滝に打たれながら目をつぶるシーンや入浴のシーンは、同じ女性なのにその美しさに惚れ惚れしました。きれいな方だなァー!
余談ですが、マツジさんがガッツ石松に見えて仕方がありませんでした。
03:43 | 映画/は行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
03:43 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/122
トラックバック