CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
Search this site


映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< トロピック・サンダー | TOP | ハリー・ポッターと謎のプリンス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ミスト
ミスト
〔ミスト/THE MIST〕
2007年*アメリカ*サスペンス、ホラー、SF、R15

 のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッドは湖の向こう岸に発生した異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ買い出しに出掛けた。するとやはり、その濃い霧は間もなく買い物客でごった返すマーケットに迫り、ついには町全体を飲み込むように覆っていく。人々がマーケットに缶詰状態となる中、霧の中に潜む不気味な触手生物を発見するデヴィッド。彼を信じた者たちはただちに店のバリケードを作り始め、武器になる物もかき集める。その一方、骨董品店の女主人カーモディは狂信めいた発言で人々の不安を煽ってしまう。そして夜、突如として霧の中の生物たちが襲撃を開始、店内は大混乱となるのだが…。

久しぶりに、鑑賞後やるせない気持ちになった映画でした。「あともう少し遅ければ…」と、たとえ作り物の映画であるとしても、不条理なラストにぽつりと呟いてしまいました。ずっしりとした虚無感が心の中に残って、エンドロールを見ながらしばしうな垂れる。
見る前までは、宇宙戦争みたいに未確認生命体の恐怖にさらされながらも戦っていく、というストーリーだと思っていました。でも全然違う。異次元から扉を開けてこちらへ来てしまった怪物はいるけど、それらはこの映画ではただの味付け役にすぎない。ここでは人間同士の心の揺れ動き、怒り、信仰……が本当の恐怖であり敵、なのかな。最初は一人でお祈りを捧げていたユダヤ教信者が、聖書を片手に演説を始め、恐怖に揺れる人たちを自分の信者に丸め込んでいく。一人の過激な指導者がいれば、信者も過激になる。軍人の男の子が裏切り者のユダであると告発され、殴られた揚句に腹を何度も刺され、生贄として店の外に放り出されるシーンはゾッとした。狂信的な軍団は、怖い。
隣人の弁護士さんは最後まで関係していくキャラクターだと思っていましたが、そうではなかったようでちょっとがっかり。宗教マジキチおばさんが撃ち殺された時はスカッとした。マーシャ・ゲイ・ハーデンすごい!
余談。映画館で観た母が借りてきて、一緒に見ることになったんです。でもチャプター1が終わるあたりで「やっぱりもう一回見るのは気が重い」と言うので一人で見ることに。なんだかなぁと思いつつ一人で先ほど見終わったわけですが、母がそう言った理由が分かりましたw 面白かったけど、確かにもう一度見たいとは私も思わない。
03:00 | 映画/ま行 | comments(0) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
03:00 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/117
トラックバック
2009/07/20 07:50
本作は『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが用意されているらしい。怖い、、、怖いよぉ〜大判のタオ
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/07/20 19:42
これから観る人は、まだ読まないでください。感動は呼ばないが絶望を呼ぶ逸品。 私の中では、非ホラーの『ショーシャンクの空に』は"よっし...
描きたいアレコレ・やや甘口
2009/11/23 17:14
「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 恐ろしい…。さすがスティーヴン...
むーびーふぁんたすてぃっく
2009/12/28 23:24
あらすじガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌ただしく街を往来し、あっという間に店の外は濃い霧に覆われた・・・。感想映画史上かつてない震撼のラスト15分映画のキャッチコピーだそう
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ