CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 | TOP | ドリームガールズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ヒルズ・ハブ・アイズ
ヒルズ・ハブ・アイズ
〔ヒルズ・ハブ・アイズ/THE HILLS HAVE EYES〕
2006年*アメリカ*ホラー、R18

 25年間勤め上げた警察を退職したボブ・カーターは、トレーラーで家族旅行に出た。その途中、人里離れた砂漠を移動中に車が故障、一家は荒野の只中で立ち往生してしまう。家族をトレーラーに残し、ボブと娘婿のダグが助け呼びに向かう。やがてカーター一家は、彼らのいる場所が政府の核実験場で、そこに潜む恐るべき謎の怪物一家が彼らを餌食にすべく罠を仕掛けて誘い込んでいた、という戦慄の事実を思い知らされるのだった…。

2006年に公開されたにもかかわらず、日本は唯一の被爆国であるためか、核実験の放射能によるクリーチャーたちが人を食べるというこの映画は放映されなかった。この映画のオリジナルであるサランドラは公開されたというのに。すごく見たかったのに、公開もされない、DVDにもなる予定はない…とのことで、輸入版とリージョンフリーのプレイヤーを買ってしまおうかとも思っていた。そして向こうでは2まで出来て、するとなぜか突然1と2が同時にDVDで発売。なんなんだろ。
The Hills Have Eyes... その丘(丘というよりは砂丘?)では常に自分たちを見ている者がいるという感じかな? 政府の核実験により奇形の化け物と化した『人間』たちが、同じ人間を殺して食べます。オープニングタイトルは陽気な音楽とは対照的な、本物の奇形の写真が映し出され、皮肉がきいていていいなと思いました。
そっから場面はキャンピングカーでカルフォニアまで行くという、サザエさん一家そのまんまのファミリーが出てきます。結局生き残るのは、レイプされたワカメ、一番戦って指が何本かないマスオ、誘拐されたけど無事だったタラオ(女の子)、あんまり役に立たなかったカツオです。波平は気を失った後に生きたまま焼かれ、フネは発狂した後銃で腹を撃たれて眠るように死に、サザエは母乳を吸われた後に頭を撃たれて死にます。
観たのがアンレイテッドではなく色々とカットされたやつだったので、あまりグロいシーンはありませんでした。今度はアンレイテッドを観ようと思います。最後まで愛する娘のために戦ったマスオもといダグは私の好きな俳優のアーロン・スタンフォードで、義理の父である波平と上手くいっていない肩身の狭い役柄でした。
ダグ
シェパードのワンちゃんも可愛かったです。ビーストとビューティっていうネーミングがなんかイイよね。
18:39 | 映画/は行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
18:39 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/103
トラックバック