CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
Search this site


映画の感想を中心とした甘口のんびりブログ。TB/CM大歓迎です。
<< シェルブールの雨傘 | TOP | ヒルズ・ハブ・アイズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
〔インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国/INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL〕
2008年*アメリカ*アドベンチャー、アクション

 1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。彼らは、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”を探し求め、その手掛かりを辿っていた。そしてそこには、なんとインディが捕らえられ、クリスタル・スカルの捜索を強要されていたのだった。しかし、スキをみて脱出を図り、何とかスパルコの手を逃れたインディは考古学教授として赴任している大学へと舞い戻る。すると今度は、彼の前に一通の手紙を携えたマットという青年が現われるのだが…。
弾が当たらないとか、滝から落ちても車からは落ちないとか、そういう細かいことは考えてはいけない。同窓会気分で楽しむことのできる映画だった。最終的な原因が宇宙人のような物のパワーだったことは少し納得いかなかったが、キャストもストーリーもアクションも申し分なかった。
特に最近私が注目しているマット役のシャイア・ラブーフは、まだ出てきたばかりだというのになかなか良かった。イリーナ・スパルコ役のケイト・ブランシェットは黒髪のパッツンの髪型がとても似合っていて、時たま物凄く可愛いシーンがあった。二人がフェンシングで戦うシーンは好きだなぁ。
22:13 | 映画/あ行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
22:13 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://byob.jugem.jp/trackback/102
トラックバック